日下一郎氏によるほぼ全編ドット漫画(動画)、Final Re:Quest の私的雑記考察サイト。

編集中
※このページは超個人的見解に基づきます。

スニャについて
スニャはそもそも謎だらけですが最大の謎と言えば

やはりこれでしょう。この姿なんなの?と。正直わかりません。ただ杖を持った魔女然とした姿、未回収伏線のMe CHRONOと書かれた魔法衛星からマギカ関連、そしてマギカと言えばイチの魔女。イチの魔女はテネの件からも明らかにシステム干渉能力を持っていました。となればスニャのあの姿も頷けようものではありますが。
  • スニャは使者
  • コメントでも言われていましたがスニャは梵語での0を意味する。
  • これまた未回収伏線のシロテと話していた虹
この辺りから幾つか想像は可能です。どこから話すべきか...順にいきますか。
スニャは使者です。となれば遣わした者が存在します。これは作中普通に読むと、それは具体的な誰かではなく使命遂行という概念から、となる。がしかし自分はそう思いません。スニャは0であり、この世界は「このよのすべてはゼロとイチ」なのです。ならば対になる1に当たる存在がいておかしくはなく、いるのであればそれはスニャを遣わした存在になり得るかなと。じゃあその1は誰なんだとなるともうあの虹くらいしか思い浮かばない。
ところで。シロテがあの時虹と話していたのは一体どこだったと思いますか?自分の予想は魔法衛星の中、です。ロロナも魔法衛星を操っていたあたり衛星とシステム干渉力は無関係ではない。Me CHRONOとあるように衛星は少なくとも時空間に関連した力は持っているかと。であれば追憶×パラウォーブで過去を追体験する上で相応しい場所と考えられます。
こうなると、1、つまり虹はシステム中枢的存在で衛星から基本動けない。のでスニャを活動用デバイス(使者)に。そんでもってその画像後スニャは消えるわけですがワープ(この時は虹本体への呼び戻しか?)には大きなデータが必要であの姿になった、或いは基本動けないがデバイスを通して短時間の顕現は可能、という事で姿を見せた。また自分はゆゆ=ミイポン説で考えてますがこの種を仕込む為にあの姿になったとか。現状考えられるのはこの辺か。ゆゆ=ミイポンが当たっていれば圧倒的に最後の説だな。「勇者をあらしめるのは〜」とは魔王の台詞だがこれは正しい。が、概念としての正しさであって技術的なはなしではない。トゥオリラに隠したデータでからくも生き延びた状態の魔王が空手で勇者を造れようはずがないしなあ。
ついでにこの1虹の名前についても考えてみましょう。名前あんのかすら不明だけど。まず梵語で1はエーカとかエーカムといったと思います。しかし自分はこれはないと思います。単純すぎますしね。
ここから抹香くさい話になってきますが、日本語もそうですが一には全てという意味を含む事が多い。作中でもかすった話あったと思いますが。簡単なとこだと一切とかね。でここから考えると...
  • チャクラ
  • オーム
  • イーシュアラ
などが考えられるかなと。チャクラは円という意味で、転じて完璧なとか完成されたといった意味合いがあり曼荼羅が円で描かれるのもこの辺から。オームはずばり全てという意味を持ち、イーシュアラも遍くや神といった意味合いですね。あるとしたらオームかなあ。イーシャというのもありますが統治者って感じなのでラスボスっぽくなっちゃうし。
そして更に蛇足、且つ抹香話ですが1=全てとすると。スニャには0から転じ無、空という意味もあります。で、仏教には(別に仏教に限らず哲学や科学としてもあるが)空=全という考え方があります。意味がわからなければそういうものと思って下さい。もしくは悟りを開いて下さい。これを等式で繋げば0=1となるわけですね。数学の証明にも何かこんなのありましたね。ともあれ0=1。覚えてますかこれ。
「ゼロも」「イチも」「おんなじことだったんだ」
バグに崩れ行くリカトクの台詞ですね。まあ作中に於いてはキャラもバグも01データの集合体なんでシンプルにそりゃ同じだねって言えますが上記のように現実でも考えられたりします。散々脱線してつまるところ言いたかったのは別にリカトク死に際だからイっちゃったってわけじゃないよというだけの話wwはい仏教に興味はないんでここまで。1虹は名前あるとしたらオームかなって事で。

で既にスニャ関係なくなってきてるし今後の展開向きの話なんですが。こうなると使命の成否はともかくもしファイナルクエスト世界の復旧を考えると魔法衛星は最後に絡んで来そう。衛星が絡むならロロナがラスボスとしてもっかい立ちふさがる展開もありそうだなあ。
謎なのは最新話近くで裏に張り付いてんのが見えたもう一人のスニャ。スニャを自立稼動デバイスと考えるとあの張り付いてた裏スニャがロロナ関連という事も...とりあえず以上かな。



勇者、ゆゆについて
まず自分はゆゆ=ミイポンだと思っています。
更にこの作品に於いての真の勇者はアソンテだと考えています。
ゆゆ=ミイポンについては、勇者の中の人は誰なのよって視点からですね。モケンキもシロテをせかい2の子シロテを引っ張ってくる事で存命させたように、テネが魔王となったように。魔王も0から勇者を創出する事は考え難いと思うわけです。故に元のキャラデータが必要であると。
そして、それが必要であるならばゆゆの中身が全く誰でもないようなモブとかであるわけはない。じゃあ誰なのかと言えばやはり真っ先に挙がるのはミイポンなわけで。スニャの予言、「おまえは人間になる」「勇者の復活とともに」勇者は人間なんだからミイポンが勇者になればこの予言はドンピタなわけです。
ついでに「だからおまえは探すのだ」「ほんとうの勇者を!」これは先程に続く台詞です。あ、因みに単行本版ではこの後ミイポンが「あなたはいったい…」的な台詞を言います。で、このほんとうの勇者。後述するアソンテ真の勇者説が当たっているならこれもちゃんとミイポンはほんとうの勇者を見つけた事になるわけですね。「ほんとうのゆうしゃ」という単語は廿七話の村人達も言います。ゆゆに対してですね。ゆゆが≠ミイポンで且つゆゆがほんとうの勇者ならばミイポン関与の余地はない。ならこの予言どういう事だったのかwって話になっちゃうかなって。この辺が主な理由ですね。

次にアソンテが真の勇者であるとは。
まず物語に於ける勇者とは大別してジョブ的規定としての勇者とそういう概念のない世界だが功績などから自然と勇者となるこの2パターン存在します。
で、別にこの作品の場合この2パターン両方あってもいいよねと。ジョブとしての勇者は勿論ゆゆ。しかし後者のパターンだと大抵勇者は主人公です。つまりアソンテです。
前話までの流れで考えると卌五話でアソンテもサヨナラマツテルなわけですが、考えてみて下さい。ここまでずっと「せんしアソンテのぼうけんはつづく」でやって来たわけです。つまりこの作品はアソンテの冒険譚でもあるわけで。
それが卌五話で脱落してゆゆ独りになる。と、そこから展開どうするの?ってなりませんかね。
なので、自分は卌五話か、若しくはそこでは一旦アソンテは消えるかもしれないが最終的にゆゆ=ミイポンが明かされ、そしてゆゆが身代わるような形でアソンテが復活しその先へ…と言った展開を考えています。
アソンテ×ミイポンのエピソードは本編最序盤、旅立ち直後の最初のエピソードなわけで。これが終盤も終盤のここで活きる伏線だとしたらめっちゃ熱くないですかね。
そして廿二話でも触れたアソンテのテーマのあのパートを思い出して下さい。廿七話が分かり易いですが虹が降り、「ゆゆ で いいですか?」「▶はい」のこのシーン。この鳥肌シーンではい選択と共に流れるあの曲はアソンテのテーマの主副旋律逆転アレンジ的なものなんですね。
これ以降この曲は勇者のテーマ的に使われてるわけです。つまりアソンテのテーマと勇者のテーマは表裏の関係。表と裏は一つのものの各側面なわけだからゆゆが勇者ならアソンテも勇者ってわけです。
これが当たるかどうかは分かりません。でも当たったらきっとアソンテが全てを託されるシーンでは更にアレンジの入ったアソンテのテーマがかかるんじゃないかなーと。最大級の熱い展開になるんじゃないかなーと。
以上が自分のゆゆ=ミイポン説の全容です。うん、妄想乙w


ファイナルクエスト正史について
とりあえずメモ。

20 19話までの流れを受け子シロテの追撃を受けつつもサヨナラが魔女奪取(あたしらの内に何故か魔女も含んでいた、もしくはあたしらを人間達、と解釈し魔王を止める為必要な魔女を持ってった。うーん後者かな?)→バグ飛び(エラー以外にスニャ映る描写)→サヨナラ追撃が神聖連合の船に誤爆してる為アソンテはシロテにクレーム→いいかという台詞の入ったバグ演出→シロテ言い訳…しるかって言い訳か?ww→教皇、次いで二つの指輪+姫、E945イベントフラグのバグ画面による飛び演出→リカトク置き去りでアソンテに詰め寄られピンチ→バグ飛び→リカトクのしくじったらという言葉は既にサヨナラの行動目的を理解している?若しくはリカトクらしく何ぞの取引をアソンテ側と交わしたか→虹演出有り、8bitの戦士のイントロ途切れ途切れなバグ飛び→モケンキとシロカネにてサヨナラ、子シロテ、テネ、魔女合流シーン→バグ飛び→封印が想定より早く解けるとアソンテ焦る、前の機械は封印装置そのものであるわけはないのでマギカ製観測装置的なものか。→バグ飛び、8bitの戦士とスニャのイントロ→シロカネ上の会話、途中バグ飛び挟み、最後にタケルを呼ぶ肉声→イチの魔女少し流れ、ミイポンシルエットからの「あなたは〜」のバグ飛び→魔王落ちてくると共に神官が裏切りアソンテ拘束、Me CHRONO→虹演出有りバグ飛び→シロカネが魔法衛星へ向けシロテ達射出、しかし魔法衛星デカいなw魔法衛星の五芒星は頭らしき所を起点として考えると傾いてるのは何でだ?バグりつつ魔王の封印場所が魔法衛星で星の彼方だった事が判明しつつ魔王復活、天界という事はこの世の外、メタ的にシステムルームだったのかな。亜人戦士はそうでもなきゃバグ技情報や勇者創出が出来なかったろうし。→バグ飛び、ようこそや虹有りエラー27で次話へ


魔女と亜人


今後の展開について
まず使命を完遂してめでたしめでたしは完全にないのは皆さん同感かと思います。
「とるにたらぬたわいないあの ことば」を例えとどけられたとてそのままアソンテ達は消滅してエンド、では納得しないでしょう。
また、ここから考察になっていきますが、現実世界がどうなっているか。これ色々と不吉な示唆があります。
まず「なんねんなんじゅうねん」という言葉、何十年も経過していたら現実が無事でも届ける相手がいない可能性が大いに出てくる。寿命って事はないにせよ人は儚いものですから。
そして現実世界そのものの存在性。直近では「リアルはとうに滅びた幻」、「プレイヤよ」「みていますか」「まだ そこにいますか」とはクレテアの言葉。更に
これ、実写にも見えませんかね。中央には人影もある。実写だとすると現実世界や撮影者最有力候補のアヤナは一体どうなっている事か。
続けて。そもそも大団円ならどう考えてもファイナルクエスト世界救ってなんぼでしょと。アソンテ爺さん元々何の為に動き出したのよ、と。勇者は世界を救う存在。別項で述べますがこの世界の勇者はアソンテだろと。
じゃあ仮に救えるとしてどうやって救うの、となると具体的にはわかりません。ただビフロスト完成の上
  • もう一つの指輪
  • 虹の向こうの存在
バグの元凶姫は排除した(か確実とは言えないが)んだからこの辺の鍵が揃うと在りし日のデータをリカバーする目がでるのでは、と。最早元ROMの中のデータでわちゃわちゃやってんじゃないのは明白だしPCとかならバックアップあってもおかしくないし。追憶の効果は記憶喚起だけどパラウォーブの力借りてはいるがシロテは実際に時間遡行してる。で、もう一つの指輪はエフェクトとしては勇者のファイナルスマッシュに使われているがアイテムとしてはE945在なんだから没アイテムだしどんな効果であっても(つまりゲーム内にありそうな効果でなくても)いい。
となれば銀の指輪は例えばバックアップ領域へのアクセスキー、追憶で遡行(バックアップによる修復実行)、これを虹野郎の力を借りて為す、とかね。
問題は指輪でアソンテ取ってないはずなのよね墓から。ここはやるなら娘アヤナ再登場かなーとかぼんやり考えてます。ってかビフロストの中にあってもおかしかないけどそれはドラマ性ないしねえ。それともだいじにしてねってことは既に仕込んであんのかな。
他にまだ謎の存在として魔法衛星もあります。しかもあれにはMe CHRONOとでかでかと記されてるわけで時間関連、この辺使い切らずに終わるとはおもえませんしね。
以上自分的大団円への途妄想でしたw別にハッピーエンドが保証されてるわけでもないんだよね。


廿二話関連
各話考察の域ですがネタバレ無しに書けないのでこちらへ。
まずこれはせかい2ですね。注目すべきはアソンテだけ何故綺麗なのか。これは序盤と同じ台詞で声を掛けたリカトクの台詞からわかりますね。リ・アルを目指す最中アソンテは死んでしまったと。そして何故か復活したと。復活はシロテ式の代役立てでなく、おそらくはビフロストによる再構成か何かでしょう。なのでシロテのように記憶の誘導がなく、混濁していたというところでしょうか。
それから何故アキレスしか死んでいないのに船が完成しているのか。これも現状不明。最初は目的が違うから船の成立条件も違うのか?とも思いましたがいまいちしっくり来ない。せめて外壁の文字が兇鉢薫奮袷螳磴覆い見えたらなあ。明日公開来るし動画落とそう。解像度上げて。
こういう「本編で明かされそうにない部分」に迫れないとサイト開いた意味ないっていうねww


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます